2010年9月26日 (日)

今度はエゾビタキ

昨日に続いて今日も淀川。秋の日差しは強い。

_2884

いつものようにママチャリを転がしていると、なぜか川原のかん木が伐採されて、、、

ここはハッカチョウのポイントだったのに、、、、結構大きな樹まで切り倒されて悲しいことになっていました。

が、こんな所には何かいそうな雰囲気が、

_2874

ハハァ~ン、

エゾビタキ。

切り倒された、周りに残った樹にとまって残った落ち葉のあいだにいる虫を狙っています。川原の葦の上にいるのも見つけましたが、こちらのほうがエゾビタキらしい(・・)。

_2881

実にかわいい、エゾビタキ君でした。

が、この周りの藪を良く見ると、

サメビタキにコサメビタキ、そしてルリビタキやメボソムシクイまでいる。なぁ~んと楽しい空間でした。

もっとも、鳥を探して藪に入ると、、、いつの間にかやぶ蚊にちくりとされてしまうんですが、

_2885_2

淀川の河川敷にもそこそこの樹が育っています。ここも、そんな場所でハッカチョウがムクドリと一緒にいたところで、今日はたくさんの旅鳥が見られてうれしかったんですが、大きな樹が切られてしまうのはやっぱり寂しい。

そう思って地面を見ると、もう次の息吹が、、、

意外とたくましいもんです。でも、これから秋→冬と向かうんですが、こんな小さな芽はどうなるのか?

今年の冬は目が離せない。って、大げさか?

さて、今日のお花はこの続きで、

続きを読む "今度はエゾビタキ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

秋の淀川、今度はコサメビタキ

彼岸(9月23日)には、秋の雷雨とその後の時雨れで1日家にいました。それまで続いた猛暑日もさすがになくなりましたが、いまだに最高気温は28度。暑さの中をママチャリでいつものように淀川散歩。目の前を横切ったスズメの群れに緑色の鳥が?

_2800

なんと、セキセイインコ。

アベリアの茂みに止ったところをとりあえず1枚。

_2811

その後、スズメと一緒になって芝の種を一生懸命食べていました。

日本各地で野生化したインコ類の話を聞きますが、自分の目で見たのは初めてです。この後どうなるか?

_2848

先週のサメビタキに続き今週はサメビタキ。

枝先でチョコマカと動いて、なかなかしっかりと姿を見せてくれないので、あきらめて一服していると、出てきてくれました。

朝のうち小雨が降って困ったなぁと思っていましたが、直に秋の青空が出て気持ちの良い天気になりました。

先週のサメビタキに続いて、コサメビタキ。

淀川の秋の小鳥もな間か良いものです。でも、春と違って木の葉はまだ青々として、小鳥を探すのは一苦労。 さて、続きはトンボ、ちょっとだけですが、、、

続きを読む "秋の淀川、今度はコサメビタキ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

トンも | トンボ | 淀川 | 鳥見