« 久しぶりの淀川 | トップページ | いよいよ、梅雨です <そろそろ鳥からトンボの季節> »

2012年6月 2日 (土)

【番外】鵺の声を、

前回、鵺の声を求めて山に入ったのですが雨のためあえなく挫折。
リベンジに行ってきました。夜中の11時頃に目的地に到着。とりあえず寝る準備をしてタバコに火を付け、ウィスキーをチビチビやりながら待つことしばし。深夜の山奥は静かです。
って、静かすぎる!なんの声もしない。月の光をすかした雲の明かりがわずかにあるだけの静寂の中。聞こえてきました。

ぁ、静かな所で、できれば部屋を暗くして、聞いてください。暗闇で撮ったので、動画には何も写っていません。声だけです。
この他になんとかヨタカとコノハズクの声は聞こえました。でも、ここはフクロウやホトトギス・ジュウイチなど、夜になく山の鳥がほとんど期待できる場所ですが、今日は前回のリベンジ。鵺の声が聞けてとりあえず良かった。ホッ、

_2900

夜の鳥の声を聞いて目が覚めたら山歩き。

トチキの花が満開です。

.

.

.

_2901

.

.

アップにするとこんな感じ。

淀川のくるみの花に、、、似ていないか?

.

.

.

_2904

.

今日行ったところはこんなところ。
でっかい、トチノキやサワグルミの木下に大きい空間が広がって、とても気持ちが良い。

でも、鳥はその高い木の枝の葉っぱの影で、、、
姿は見えない。

.

_2906

.

とりあえずの記念に一枚。

ここからは天気が良ければ日本海が望める場所です。

オオルリ、キビタキ、クロツグミ等、主だった鳴鳥は押さえてたものの、カッコウの声がない。

今日は天気も悪く、暑くもなく、雨を呼ぶアカショウビンの声は相変わらずながら、姿は見えず。

_2912_2

.

林の中を歩いていたら、甲高い鳥の声。

なんとカワセミがこんなところに巣を作っていました。小一時間粘りましたが、コンデジでは捉えられず。

そのカワセミの巣はこんな渓流、1m少々の崖に作られていました。

_2913

おまけのオマケ。

ここも鳥獣保護区です。

ps.今日はこの春一番多くのシカを見ました。
シカのほかにはリス。そして、

子ギツネ:
深夜に山道を車を走らせているとき、ヘッドライトの中に、子猫ほどの大きさのコギツネ。
車の走る方向、ライトの中を必死で走る。「それではいつまでも追いかけちゃうぞ」ってアクセルは踏まずにトロトロ運転してたら、さすがに切り替えして、藪の中に逃げ込みました。母狐はきっと冷や汗もので見てたでしょう。

子ネズミ:
もう帰ろうと林の中を歩いていたとき、足元の枯れはがガザゴソ。トカゲかと思ったら、ネズミ。これが小さい!私の親指より小さいかもしれない。こいつもまだ、乳飲み子だな。可能なら写真の一枚とも思ったが、一枚の枯れ葉の下にもぐったら、、、もう、見えない。
あんまり親に心配かけるなよ。

|

« 久しぶりの淀川 | トップページ | いよいよ、梅雨です <そろそろ鳥からトンボの季節> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139395/54886275

この記事へのトラックバック一覧です: 【番外】鵺の声を、:

« 久しぶりの淀川 | トップページ | いよいよ、梅雨です <そろそろ鳥からトンボの季節> »