« 【番外編】八丁平 | トップページ | 淀川のキビタキは? »

2012年4月30日 (月)

オオヨシキリが来た

先日訪れた京都北山で、まだ青葉の出る前の林の中のキビタキを見ました。

_2777

で、淀川はどうなんだろうと来てみると、、、

ついにオオヨシキリが来ました。
これで淀川の夏鳥は勢揃い。
でも、カモたちは次々にいなくなり、
渡り鳥も今年はあまり姿を見せてくれなくて、、、
これからはさみしくなる一方です。

ちょっと遠いのですが、淀川の向こうに見えるマンションをバックに大声でさえずっているところを
パチッ!

_2772_4

こちらはセッカ。定番の夏鳥ですが、淀川では越冬しています。でも、冬の間は藪の中でひっそりとしていて、なかなか姿を見せてくれません。
ようやく、芳原の上に出てきて囀り始めました。越冬していたのと、ここで繁殖しているのが同じ個体なのかは不明ですが。
小さい鳥なので、ピントがちょっと甘いのですが、好きなんですよね、この可愛さ。

_2761

長柄橋の上のハッカチョウ。
すぐ後ろを車がバンバン走っていますが、お構いなくさえずっています。橋桁の耐震補強の工事の上にすぐ近くの堤防の「強化工事」も始まってこの橋の下は大変なことになっていますが、今年もムクドリと張り合って巣作りを始めそうです。
,
,
_2771
オオヨシキリが囀り、セッカが鳴きながら飛び回るようになて夏の始まりの淀川です。
「干潟再生中」の看板の元にはキアシシギ・アオアシシギ・ソリハシシギ・ハマシギと渡り途中のシギの定番があらわれて、これは!と思いましたが、この干潟は真ん中や周りにヨシが大きく育ってしまって、見渡すことができず。干潟の周囲をウロウロ、、、
いることが分かっても遠すぎて双眼鏡だけではゆっくり見えない。
,
やむなく、いつもの場所でいつもの方向。
ヨシがこんなに育ってきました。
背景はJR大阪駅北側で再開発中のうめきたのビル群です。

_2781

いつもの柳はこんなに緑が濃くなりました。
,

ところが、いつもこの辺にいるバンが見当たらない。
ここだけでなく、なぜかバンがいない。
,
代わりにこの時期になってもオオバンがあちこちに、、、
ナゼ?(?_?)

_2784

,
,
小鳥のポイントの近くに自生する桜の実。
,
さくらんぼはずいぶん大きくなってきました。
,
,
,
_2785

,
,
こちらは河原のオニグルミ。
,
新芽が広がり、花が咲きました。
,
,
,
,

_2788

,
,
そして、その下にはこれ、
雄花。上のが雌花ですね。
,
東風が強くなってきて、今日はこの小鳥のポイントでおしまい。

また、明日続きができるかな?
,

_2780_2 ,
今日見つけた不思議な花。
乾燥している河原にひっそりと咲いていました。

花の一つ一つは米粒ほど。
不思議なのは楊枝ほどの太さの茎の根元にはほとんど葉っぱがないのです。

この花はなんでしょう?蘭の仲間かなぁ~?

|

« 【番外編】八丁平 | トップページ | 淀川のキビタキは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139395/54606067

この記事へのトラックバック一覧です: オオヨシキリが来た:

« 【番外編】八丁平 | トップページ | 淀川のキビタキは? »