« 平日の淀川 | トップページ | 今日の淀川は穏やかでした »

2011年11月 3日 (木)

「文化の日」の淀川

_1447

今週は天気が良いはずだったのに、ドンヨリとした天気の淀川に出かけると、

ジョウビタキ。

先週は南に帰る途中のノビタキでしたが、ついに冬の小鳥が淀川にもやって来ました。

曇り空のしたではシャープな写真は無理でしたがが、かわいいやつです。

_1452

明るく曇った空をバックにすると、ますます写真は難しい。

たぶんシベリアから着いたばかりのジョウビタキ君でした。

_1456

真夏からどこかに行っていた、ハッカチョウが先週から戻ってきました。いつものハッカチョウのポイントの真上は長柄橋。その橋の街灯にとまっているところをバチッ。

心配なのがこの橋げたがこれから来年の夏まで工事に入るそうで、戻ってきたハッカチョウが来春ここで巣を作ることが出来るか?

_1459_2

淀川で一番広い葦原、チュウヒのポイントでは高圧鉄塔の撤去作業中。

今春、架線の撤去をしていたのでどうしたのかなぁ、と思っていましたが、本格的に取り払うようですね、

でも、こんな工事をしていたらチュウヒは無理だろうな。_1466

と思っていたら、チュウヒが飛んだ!

ジョウビタキに続いて、この秋の初物。以外に近くを飛んでくれましたが、明るい曇り空をバックにするとシルエットを撮るのが精一杯でした。この後、チュウヒはカラスに追われて河口方向に飛び去っていきました。

_1488

秋の鳥が居なくなり、いよいよ冬の鳥のシーズンです。でも、オオジュリン、ホオジロ、アオジなど小鳥は葦原や藪の中に入ってしまいなかなか見えない。カメラの出幕は無い。

しょうがないなぁ~と思っていたときにひょっこりとアメリカヒドリ。淀川にたくさん居るヒドリガモの仲間ですが、数は多くない。この辺では冬の手前に見るケースが多いです。

ヒドリガモと同じように浅いところに合えているオオカナダモが好みのようです。

_1498

こちらは淀川にたくさん居るヒドリガモ。

ヒドリガモは特徴は栗色の顔ですが、アメリカヒドリは目から後頭部に向かって光沢のある緑色が印象的です。

よほどお腹がすいていたのか、こちらを気にしてチラチラ見ながら水草を食べているところを動画にて、

_1469

大勢の人が居る淀川にはいろんな看板が立っています。

今日はこんなのを見つけました。

写真を撮っている私の後ろは少年野球の試合中。普段の休日はこの看板の場所で網を張ってバッティングマシンを使って少年たちが打撃練習をしてました。

草を刈っていたのは、、、

これも、河川敷の耕作者と一緒か?

|

« 平日の淀川 | トップページ | 今日の淀川は穏やかでした »

コメント

アメリカヒドリ、くっきり見えます。すばらしい。

投稿: ふじ | 2011年11月 5日 (土) 00時35分

おゃ、ふじさん
お久しぶりです。
このアメリカヒドリは私が近づく前からお食事中だったようで、
私が近づいたときに、少し離れましたが食事の続きを絶ちがたく、
結局、コンデジの射程距離に入ってきました。
綺麗な差h新を取るコツは近づくこと、、、と言うことみたいです。

投稿: | 2011年11月 8日 (火) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139395/53155500

この記事へのトラックバック一覧です: 「文化の日」の淀川:

« 平日の淀川 | トップページ | 今日の淀川は穏やかでした »