« 【淀川通信番外編】秋の八丁平 | トップページ | 今日は淀川 »

2011年10月 9日 (日)

今日は山の上へ【番外編】

_1378

秋の晴天が続いています。

9月の終わりから、10月半ばにかけて日本以北で繁殖した鳥たちが南に渡って行きます。淀川でもこの季節は何が出てくるか目が離せません。が、今日は、、、

鷹も南に渡ります。小鳥と違って、大空を次から次へと飛んでゆく鷹を見るのは気持ちがいい。

と言うわけで、今日は鷹の渡りを見ようと蓬莱山へ来ました。

_1382

日本一大きなロープーウェーとリフトを乗り継いで、山ろくから30分ほどで琵琶湖の西にそびえる1174mの蓬莱山。この蓬莱山を含む南北に連なる比良山系の西側を北から南へと滑空する鷹を狙ってきました。目的地はすぐそこ。この晴天で期待は高鳴ります。

山頂から西側の斜面が見通せる場所に座り込んで、鷹を待ちます。このススキの向こうにたかが飛ぶはず。

_1384_2

待っている間に、山頂の笹原の上にノビタキ。ここで繁殖したのか、移動の途中か?

普通、上空を飛ぶ鷹の渡りを見るときには上を見上げて首が痛くなりますが、ここは1000mを越える山の上。横を飛ぶ鷹をらくらく見えるポイント。

の はずが、、、こんなに良い天気なのにまったく鷹は飛ばず。南に飛ぶ鳥を助ける北風でなく、今日は南からの風だったせいか?

飛んでいるのは山頂に居ついているトビだけ。唯一の成果は逆風の中を山より高いところを南に飛んでいくアサギマダラが1頭。チョウチョウも逆風に向かって飛ぶのに、鷹はどこに行った!  一羽の鷹も見ることなくむなしく帰りました。

_1391

こちらは山ろくのロープーウェイの駐車場のススキ。

向こうに見えるのが今日行った(登ったではなく)蓬莱山です。

ここ数年、狙っていて季節と気候と休みがようやく一致したこの日。まさかの空振りでした。

空高く、力強く南に飛んでゆくアサギマダラを見たのが唯一の収穫でした。

|

« 【淀川通信番外編】秋の八丁平 | トップページ | 今日は淀川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139395/52950073

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は山の上へ【番外編】:

« 【淀川通信番外編】秋の八丁平 | トップページ | 今日は淀川 »