« 残暑、、、の中の淀川の秋 | トップページ | アリスイ »

2011年9月23日 (金)

今日も夜明けの淀川へ

_1307

この秋、2度目の台風の通過の後、さすがに淀川も秋らしい気温になりました。

朝日の中で小声で鳴いていたのは、、、セッカ。

夏中、囀っていたのオオヨシキリの大声もさすがに聞こえなくなりました。でも、セッカは多分ここで越冬します。さすがに冬になると鳴かずに、サッと藪に入ってしまうので、姿を見つけるのは難しくなりますが、1年中居ます。でも、射程距離に入ることはあまり無くて、今日は朝からラッキー!(^^)。

_1321_2

今週の台風の影響で、今日も淀川は大増水中です。いつもでは考えられないような場所まで水の上がった跡が残り、今もかなりの水量が勢い良く流れています。唯一、流れの静かな毛馬の閘門下の水面にはいつものキンクロハジロ。今日は朝日の中えさ探し(?)でキョロキョロしながら泳いでいました。相棒のカンムリカイツブリはどこかへお出かけ中?姿が見えませんでした。

_1334

今日は鳥が不作です。夏鳥はすっかり居なくなり、秋の鳥もまだこれから、コムクドリとサメビタキぐらい。

一番の急流になっている、大堰の放水路したにアオサギが何を考えているのか?突っ立っていました。5mほどの距離。時々、こうして人が近づいても逃げない奴が居ます。こいつはどうやら今年生まれ、せっかくですので一枚パチッ!

_1328

先週、見つからなかった河川敷行公園の歩道脇のマンジュシャゲ(ヒガンバナ)も蕾が出てきました。公園の草刈が住むのを待っていたようだ(笑)。

_1330

歩道の石畳に沿うようにずらっと並んでいて、かなりの数です。

この勢いだと来週ぐらいにはすごいことになっていそうです。

_1342

こちらは河川敷に自生している桜の樹。花の後、たくさんのサクランボをつけていたんですが、先週、多量の毛虫の襲来にあってほとんど葉っぱがなくなっていました。毛虫はどこかに消えていましたが、秋の陽に誘われたのか準備していた冬芽が開き始めている。3年ほど前の秋に狂い咲きしていましたが、今年はどうなるか?

_1343 城北菅原大橋から六甲山方向。

日差しはきついですが、台風が夏の熱気を吹き飛ばし、一気に秋の気温になりました。台風で増水した水はにごっていますが、青空を映しこむと結構きれいです。

手前はワンドの横にある小鳥のポイント。まだ、葉が茂っているので、秋の小鳥は見つけにくい。

今日はあまり成果もなく12時前に帰りました。

|

« 残暑、、、の中の淀川の秋 | トップページ | アリスイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139395/52827881

この記事へのトラックバック一覧です: 今日も夜明けの淀川へ:

« 残暑、、、の中の淀川の秋 | トップページ | アリスイ »