« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月23日 (金)

今日も夜明けの淀川へ

_1307

この秋、2度目の台風の通過の後、さすがに淀川も秋らしい気温になりました。

朝日の中で小声で鳴いていたのは、、、セッカ。

夏中、囀っていたのオオヨシキリの大声もさすがに聞こえなくなりました。でも、セッカは多分ここで越冬します。さすがに冬になると鳴かずに、サッと藪に入ってしまうので、姿を見つけるのは難しくなりますが、1年中居ます。でも、射程距離に入ることはあまり無くて、今日は朝からラッキー!(^^)。

_1321_2

今週の台風の影響で、今日も淀川は大増水中です。いつもでは考えられないような場所まで水の上がった跡が残り、今もかなりの水量が勢い良く流れています。唯一、流れの静かな毛馬の閘門下の水面にはいつものキンクロハジロ。今日は朝日の中えさ探し(?)でキョロキョロしながら泳いでいました。相棒のカンムリカイツブリはどこかへお出かけ中?姿が見えませんでした。

_1334

今日は鳥が不作です。夏鳥はすっかり居なくなり、秋の鳥もまだこれから、コムクドリとサメビタキぐらい。

一番の急流になっている、大堰の放水路したにアオサギが何を考えているのか?突っ立っていました。5mほどの距離。時々、こうして人が近づいても逃げない奴が居ます。こいつはどうやら今年生まれ、せっかくですので一枚パチッ!

_1328

先週、見つからなかった河川敷行公園の歩道脇のマンジュシャゲ(ヒガンバナ)も蕾が出てきました。公園の草刈が住むのを待っていたようだ(笑)。

_1330

歩道の石畳に沿うようにずらっと並んでいて、かなりの数です。

この勢いだと来週ぐらいにはすごいことになっていそうです。

_1342

こちらは河川敷に自生している桜の樹。花の後、たくさんのサクランボをつけていたんですが、先週、多量の毛虫の襲来にあってほとんど葉っぱがなくなっていました。毛虫はどこかに消えていましたが、秋の陽に誘われたのか準備していた冬芽が開き始めている。3年ほど前の秋に狂い咲きしていましたが、今年はどうなるか?

続きを読む "今日も夜明けの淀川へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

残暑、、、の中の淀川の秋

秋の3連休第1弾、初日は棒振りで疲れ、翌日はダウン。ビデオを付けっぱなしで早々に寝た反動で今朝は早く目が醒めました。

_1250

と言うわけで、夜明けの淀川。朝6時くらいです。

淀川から見た梅田方向。

よく晴れた青空はすじ雲もちょっと有って、いかにも秋の空ですが、実際は朝で気温は高くないものの台風の影響か湿気がひどくて、ジワッと汗が出てくる。

秋の虫は鳴いていますが、まだまだ淀川の暑さは半端じゃない。

_1252

朝の淀川はまず野犬(笑)。

潮が引きかけた干潟を葦原の方に向かってジャブジャブ。

こいつはあまり見かけない顔だなぁ。

なんか、首輪みたいなものもちょっと見える。

_1258

その後、仲良し2頭。

左の奴は昨年から良く見かけます。

右の奴は、、、ん?少し毛足が長くて、さっきの奴とよく似ているが、、、違うか?珍しく毛足の長いやつでしたが、やはり首輪みたいなものが付いていました。

_1255

この頃、夏草が生い茂る水辺をママチャリで行くと足元をチョロチョロする蟹がたくさん居ます。大堰から下流の潮の入るこの辺にはアシハラガニとクロベンケイが居るそうですが、こいつはアシハラガニかな?カメラを近づけると動きを止めた。お食事中だったみたいですね、何を食べていたのか?

さて、夏枯れの淀川の鳥。

_1272 台風12号の後も雨がちな陽が続き、淀川の水量は相変わらずすごいです。

そして、流れの穏やかな毛馬閘門の出口にはいつものようにカンムリカイツブリ。

ん~、夏羽のリーゼント頭が心なしか小さくなってきたような。冬羽から夏羽に変わるのはいつも春に見ますが、その反対が見えるのか?

_1271

こちらもいつものキンクロハジロ。ふてくされたように寝ています。この夏は多いときに3羽居ましたが、結局最後にはこの1羽か。

さて、もう直彼岸。そろそろ秋の鳥が来て欲しいものですが、この暑さではまだ無理か???

_1283

暑さの中で、小鳥のポイントの木陰に入ると聞きなれない声。

おぉっ、とサメビタキ。いや、コサメビタキか?

胸のグレーが気になるが目の大きさはコサメビタキかな。昨年の記録を見ると彼岸前のこの時期にはサメビタキでしたが、まぁ、どちらにしろ汗を流しながら、秋の鳥を見ることになるとはトホホです。

_1297

その後、コムクドリのポイントで粘りましたが鳥の気配が無い、やむなくそのまま上流へ向かったところでムクドリの声の中にちょっと違う声が、、、でも、まだ夏の茂った木の葉の陰で姿を見るのはほとんど不可能。粘りに粘って、出てきた!コムクドリ。やっぱり居ました。

なかなか、射程距離に出てきてくれませんでしたがようやくパチ!

シックな雌も姿を見せてくれましたが、カメラは間に合わず。

_1286

コムクドリの気配を感じながら林の周りをウロウロしているとき、淀川の上空を飛ぶ大きめな鳥の姿。あらら、ゴイサギ。成鳥が2羽と1羽の若鳥。家族かな。ゴイサギが昼間に移動するところを見るとは、、、この他にも季節外れのカモメが1羽。やっぱり、台風の影響かなぁ?

続きは、秋の花。ついに咲いたマンジュシャゲ。

続きを読む "残暑、、、の中の淀川の秋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

淀川はまだ暑い!

珍しく朝早く目が醒めました。外は良い天気、、、

_1221

と言うわけで、朝から淀川に来ました。

朝日の中には、河川敷のラグビー兼、サッカー場でくつろぐ野犬が2頭。結構、良い貫禄です。

黒いのと、

_1222

茶?よく見ると、トラ模様。

そして、2頭とも左の耳が垂れてる。この2頭は朝早くにこの辺でよく見ますが、日中はどこかに隠れてる。人を避けているようです。そして、このトラ模様は犬としては珍しい模様だと思うのですが、元はなんだったんだろう?淀川ではこいつ以外にも何頭か居ます。

_1223_2

野犬を撮っていたら、足元にヒバリが、、、バックの芝に朝露が朝日を受けてキラキラと、、、コンデジでも条件がよければこれだけ撮れます。

さて、まずは下流方向へ向かいます。途中で朝飯のおにぎりを食べていたら、カワセミが、、、残念ながら見えるところにはとまってくれませんでした。

_1225

先週は上流のほうに居たカンムリカイツブリ。今日はいつもの毛馬の閘門の出口のところにキンクロハジロと居ました。

台風から1週間たったとは言え、まだ淀川の水量は普段よりかなり多く、流れもきつくなっていますが、ここは流れが穏やかです。

_1226

そして、ついにマンジュシャゲの蕾発見!冬の間葉を茂らせていて、春に姿を消してから半年後。いきなり地面から蕾を出しています。河川敷公園の中で、ちょうど芝を刈った後。草刈がもう少し後だったら一緒に刈られてしまうところでした。花が咲くとすごく派手なので目立ちますが、蕾を見るのは初めてです。

来週くらいが見ごろかな?

_1236

こちらは下流のほうにいつも居る白い野犬。こいつは日中もうろうろしていますが、近づくと藪の中に入っていきます。以前は吠え付いてくるスピッツ系の奴が居ましたが、あいつは野犬狩りにつかまったかな?

_1243

その後、上流方向へ向かい暑い中かなり遠くまで行きましたが、特に収穫は無く。暑さに干からびそうになって、橋の下で休んでいると聞きなれない声が?

あらら、イソヒヨドリ。こんな上流まで来てる。毎年、秋に毛馬の閘門の近くでちょっとだけ見るんですが、今日は珍しい。写真は、、、周りは直射日光ですごく明るいんですが、橋げたの真下で暗くて画像が荒れてます。まあ、コンデジですから、、、って、いつもの言い訳(・・;

続きを読む "淀川はまだ暑い!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

台風が通過しても

 のろのろ台風12号は日本全国に大きな被害を出したようです。被災された方に、お見舞い申し上げます。

こんな時に川を見に行くのはいかがなものかと思いながら、出かけてきました。

淀川もひどく増水していました。こんな時には普段目にすることの無い奴が出てきます。

_1207 アメリカザリガニ。ワンドの横を通る、河川敷の道に出ていました。こちらを警戒して、はさみを振り上げています。「がぉ~」

_1209

右から見ると、、、

はさみを振り回す。

_1210_2

左から見ると、睨みつける。

「キッ!」

_1212

ワンドに戻してやろうと、持ち上げてみると、

ん~、卵みたいですねぇ。

淀川の増水でワンドも溢れていつもの小鳥のポイントへは行けず。そのまま上流の方に向かいましたが、この道も冠水。Myママチャリのチェーンまで水に使ってしまいました。堤防の上にママチャリを押上げ、上流を目指します。

河川敷の道に戻り、ママチャリを上流に向けてこいでいると、ん?ちょっと小さいツバメが、、おや、ショウドウツバメ!北海道で繁殖して南の国に帰る途中か?久しぶりに見ました。たぶん学生時代に北海道を旅して以来。・・・おや、今度は大きいのが?あらら、こちらはコシアカツバメ。こちらは南方系のツバメで近畿地方までが繁殖地域とか。淀川は北の鳥と南の鳥の交差点です。(写真は有りません。トライしましたが、、、コンデジではスピードのあるツバメは無理。雨も降ってきましたし、、、(・・:

河川敷の公園と本流の間に土砂のたまったところがあります。葦が生えたり、林になったりしていて、ここに畑を作ったり、テントを作って住んでいる人が居ますが、今日はここまで水が来てます。「犬屋敷」と私が呼んでいるブルーシートに飼われている犬たちはいつも繋がれている場所から避難して、河川敷公園の通路に。今日は近くを通っても吼えてこない。おじさん二人とおばさん一人。犬18匹!こんなに居たんだ。犬の餌の準備だけでも大変だろうな。「猫屋敷」のネコは放し飼い。たくさん居るネコはいつものように道端でゴロゴロ、おじさん一人も道端に出てきてました。

続きを読む "台風が通過しても"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »