« 鳥が居ない、淀川 | トップページ | 久々の淀川<子猫が3匹、そしてチョウとトンボ> »

2011年8月15日 (月)

【番外編】美ヶ原

実家に帰ると必ず散歩に出かける場所です。車で30分ほどの標高1500mに駐車して、ここから2000mの高原まで登って高原をうろうろ。

_0988 まずは3分の2ほど登ったところでトリカブトのお出迎え。

毎年ここに咲いています。今年はまた一段と立派です。

_0987_2

アップにするとこんな感じ、ホントに兜みたいです。この鮮やかな紫色がいいですねぇ、

_0999

こちらも紫のハクサンフウロウ。

_1079

小さな花ですが、高原にはたくさん咲いていました。

_1016_3

ついでに、、、では無いですがツリガネニンジンも紫です。

_1070_2

ここまできたら、紫つながりで、ホタルブクロ。

そして、紫と言えば、、、マツムシソウ! 続きをどうぞ。

_1054_2

マツムシソウの紫はとても柔らかな紫です。

バックに見えるのは美ヶ原最高峰?の王ヶ頭。(オウガトウと読みます)

これから、この方向に歩いていきます。

_1055

もう一枚。

こちらは歩いてきた百曲がりの方向。その下は三城(サンジロウと読みます)牧場。

_1018

そして、次は赤紫のアザミを撮ろうとしたら、キアゲハが来ました。

このキアゲハは黄色少し薄い?でも、黄色の面積は広い。

_1029

一方、こんなに黄色の少ない奴も居ます。

_1065

2頭で、じゃれているところ動画で撮ってみましたが、ヒラヒラしていても以外にスピードは速い。

コンデジで追いかけるのは少々無理?

で、静止画も、、、

色のバランスがずいぶんと違でしょう?

_1030

気を取り直して、もう一度アザミに挑戦、、、あらら今度はハチが来た。トラマルハナバチ、らしいです。

昆虫の名前は、、、あまり当てにしないでください(・・;

_1040

蜜を探して、ハチがゴソゴソして居るところへ、今度はアブが、、、ハナアブ(?)かな??たぶん(・・;

_1041

こちらのアザミにはセセリチョウが、、、(種類はわかりません。無駄な努力はやめました(・・;

とにかく、アザミは虫たちに大人気!

虫と言えば、歩き始めた時から鳴いていたセミの声が、高原にある矮小化したカラマツの樹から聞こえてきました。

_1056_2

コエゾゼミ。背中の模様が綺麗です。(が、両さんの眉毛を思い出すのは私だけ?)

コ(小)と言いますが、そこそこでかい。5cm級。

エゾゼミ(蝦夷蝉)と言いますが、分布は北海道だけではないようです。もっとも、高地に分布するようですが、、、

_1048

そして、夏の高原と言えばアキアカネ。

王ヶ頭をバックにいいところにとまってくれた!

_1084

まだ、赤くなっていないのもたくさん居ましたが、こちらはだいぶ赤い。上から見ると良くわかります。笹の葉に止まったところを上からパチッ!

_1022

石の上にとまっているジミーなこの蝶は、、、

_1027

羽を広げると、クジャクチョウでした。

_1090

ナデシコの花もたくさんありました。

これは「エゾカワラナデシコ」らしい、、、(・・;

これも、紫。

_1089

そして、本日最後の紫はヤナギラン。

これはまだ少ししか咲いてませんでした。

_1085

ヒラヒラと飛ぶのはアサギマダラ。風に飛ばされてフワフワしているだけみたいですが、結構早い。無理やり撮ってみましたが、案の定ボケボケ。

ん?よく見たら、赤とんぼとニアミスしてました。

_1116

こちらはヒョウモンチョウ。たぶん、ツマグロヒョウモン(・・;

紫の花が続きましたが、美ヶ原にはこのマルバダケブキもたくさんあります。

_1072_2

結構大柄な花で、明るいところに群落を作っていて、かなり目立ちます。

_1092_3

_1062

ちょっと似てますが、こちらはキオン。そのまんま、黄色の花です。

_1109

こちらはオレンジ色、いや、黄色のうちかな?

コオニユリ。確かにオニユリより小さくて、かわいいユリです。高原はもうススキが穂を出している。

そして、バックに見える白いものは↓。

_1094

ウスユキソウ。可憐な花です。

最後に今日の小鳥。

_1107_2

高原のホオアカです。この時期、巣立った雛を連れているので、普通の鳥はあまり鳴かず見つけにくいのですが、こいつはサービスが良かった。

調子に乗って、動画も

あ~ぁ、ボケボケ、これだからコンデジは、、、まぁ、一声だけホオアカの声を聞いてください。

_1112

今日行った所こんなところです。2000m級の高原にある牧場。広い風景は気分がいい。

でも、風向きによってはそれなりの香りが漂ってきます(笑)。

_1114

そして、立派な観光地です。道路はこの地図の上のほう、高原の東側を通っています。

私はこの地図の下側、高原の西側をうろうろしてきました。

_1095

王ヶ頭(オオガトウ)、標高2034mで、高原の一番高いところ。といっても、高原まで車で来ればここまではちょっとした散歩コース。

電波等が林立して、ホテルも有ります。

(業務用の車はここまで来てます)

_1078

王ヶ鼻(オオガハナ)。松本平に向かって西側に突き出したところで、松本市内からも良く見えます。

ここでお弁当を食べている人がたくさん居ました。眺めの良い場所です。晴れていれば北アルプスが綺麗に見えるはずですが、残念。

_1119_2

茶臼山。

以前はハイキングコースとして、結構な人が来ていましたが、最近は閑散としています。

静かでいいですけどね(笑)。

ここから下りました。9時過ぎから4時前までたくさん写真を撮って遊びました。

いつもはこの時期では花が盛りを少し過ぎた印象がするのですが、今年はまだこれから見たいでした。やっぱり、今年は季節の移り変わりが例年と少し違うのかなぁ?

|

« 鳥が居ない、淀川 | トップページ | 久々の淀川<子猫が3匹、そしてチョウとトンボ> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【番外編】美ヶ原:

« 鳥が居ない、淀川 | トップページ | 久々の淀川<子猫が3匹、そしてチョウとトンボ> »