« キビタキが来た | トップページ | キビタキ特集 »

2011年5月 3日 (火)

淀川通信【番外編】八丁平

淀川でアオジが囀りの練習を始める頃、そろそろ山へ行こう!

_0649 京都北山。寒くは無いけど、春はこれからという感じでした。

アオジの囀りも聞けました。淀川のものより、力強く、やっぱり繁殖地で聞くさえずりは良い。

_0654

オオルリ、クロツグミ、キビタキ、、、の囀りも聞けて、満足。でも、まだ本格的な春のさえずりには程遠い。

_0657

写真はキバシリ。とても、静かな鳥でそこにいても気配がない。久しぶりに会うこと出来ました。

今回はキバシリの囀りを聞けました。早春の雪の中でないと聞けないと聞いていたので、これは収穫。そのさえずりは、、、

ミソサザイの最初の一節。って、いう感じでした。

今回の鳥の写真はこれだけ。

_0667

一番目だったのは、これ。

コブシの花。これから新芽が出る林の中で、あちこちに白い花が咲いていました。

_0643

そして、こちらはアセビ。

馬酔木です。毎年、ここで花を見てますが今年はすごい。雪崩を起こしそうなほどに花がついています。

_0645

アップにするとこんな感じ。

小さな鈴のような花がいっぱい!

新芽はこれから出ようか?と迷っているような雰囲気の山の中で、あちこちに枝先のコブシの白と背の低いアセビの白い花が目立っていました。

_0672

そして、こちらは桜の一種。

_0670

残念ながら、名前は知りません。

この桜もようやく、咲き始めたところ。麓の山里ではようやく桜が満開になろうかというところでした。

せっせと歩くと汗ばむような日でしたが、ここはまだ、ようやく春が始まったばかり。ちょっと早すぎたかなぁ~、と思いながらもなかなか楽しい久しぶりの山歩きでした。

_0659

おまけのおまけ、コイワカガミ。

以外に花期が長く、6月ぐらいまで咲いていますが、これは咲き始め。

今日割き始めたようなところでした。うれしがって撮ってみましたが、よく見るとピンとは後ろの石に、、、

ガク

|

« キビタキが来た | トップページ | キビタキ特集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139395/51577873

この記事へのトラックバック一覧です: 淀川通信【番外編】八丁平:

« キビタキが来た | トップページ | キビタキ特集 »