« ちょっとだけテスト | トップページ | 1ヶ月ぶりの淀川 »

2011年5月21日 (土)

【番外編】鵺の鳴く山は

2週間前、夜の鳥の声を聞きに行ったところ、寒くは無かったんですが
雪が残りとても5月の京都とは思えませんでした。夜の鳥もまだまだで、
もう少ししたら、、、絶好では? というわけで、リベンジ!
夜道を駆けて、目的地へ。 「おゃ、今日も1台の車も無い」
いつも春には朝早くから渓流魚を狙う人が前の晩から入り込む場所が
今年は今日も誰もいない。これはこれで、静かで夜の鳥の声を聴くにはいいんですがね。
車を停め、寝る準備してゆっくりと待つ。ウィスキーをちびちびやりながら、
タバコをの煙はゆらゆら、、、
ところが、鳴かない。不気味な静けさが続く、、、サイレントナイト。
ジッと我慢。ウィスキーが減っていく。真っ暗な中聞こえてくるのはチョロチョロ流れる水の音だけ。
30分ほどした頃、遠くでかすかに甲高い音?ジュウイチ!?
「もっと近くへ!」と思うが、、、声は遠い。その内にもっとかすかにトラツグミの声も。
結局、夜の鳥はこれだけでした。
昨年、一昨年とトラツグミとジュウイチのほか、フクロウ、「ブッポウソー」と鳴く小型のフクロウのコノハズク、ホトトギス、ヨタカなど夜を満喫できる場所のはずでしたが、どうしたんだろう?
と、考えているうちに寝てしまいました。
翌日、朝早く目が醒めましたが朝の鳥も低調。気を取り直して歩き始めるも、、、

_0747_2

朝のうちは霧、その後晴れて、それから曇り。

写真は2週間前と同じ場所ですが、この変わりよう!背の高い広葉樹が葉を広げつつあるところです。

これだけ葉っぱが出てしまうと、鳥を見るのは困難。後は声を楽しむだけです。

_0753

鳥はだめでしたがが、足元には小さな花が、、、こちらはミヤマカタバミ。普通のカタバミは黄色の花?だと思います。白い花と尖がった葉っぱが印象的でした。

この他にもたくさん咲いていましたが、残念ながら私の実力では名前はわからず、、、

_0755

毎年、この花を撮っています。

2週間前にはまだ蕾も小さかったのですが、季節の遅れを取り返すように満開になっています。

_0757

この葉っぱを見るとミツバツツジの名前の由来が良くわかる、、、そのまんまです。

_0758

花の一つをアップでパチリ!

このツツジの場所、足元は2週間前にはイワカガミが咲きはじめでしたが、今日はもうほとんど終わり。

春の始まりが遅かった分、みんな遅れを取り返そうと急いでいるような感じです。

_0754

こちらは、まだ眠そうなシマヘビ。

この近くでは、シマヘビのほか、ヤマカガシ・マムシ・ヒバカリのヘビ類やトカゲなどの爬虫類を何度か見ましたが、今日は久しぶりのシマヘビ君。

陽が高くなり、気温が上がってくるとハルゼミの声にカジカガエルの声も!

蒸し暑いのですが、曇りがちな春の一日でした。驚いたことに、この暑い中、まだ少し雪も残っていました。ちょっとだけですが、

_0745

おまけはミソサザイ。

葉っぱが茂ってくると樹の下では暗くて、コンデジで鳥の写真を撮るのはちょっと無理か、、、

_0743

そして、こちらはヤマドリ。走って逃げていくところを大慌てでパチリ。

ドドドドっと低く控えめに羽を打ち鳴らす音は絶対ヤマドリだろうと確信していましたが、ようやく姿を見ることが出来ました。でも、写真は、、、まぁ、記録ですから。

|

« ちょっとだけテスト | トップページ | 1ヶ月ぶりの淀川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139395/51743177

この記事へのトラックバック一覧です: 【番外編】鵺の鳴く山は:

« ちょっとだけテスト | トップページ | 1ヶ月ぶりの淀川 »