« 東北関東大震災の被災者の方に心よりお見舞い申し上げます | トップページ | 昨日のリベンジ »

2011年3月19日 (土)

春なのに

天気予報のとおり暖かい日。春分の日が絡んだ3連休の初日です。

震災の被災者の方には心より、お見舞い申し上げます。また、多くの方が亡くなられた事実がはっきりしてきました。ご冥福を祈るしだいです。しかし、連日の被害の報道、原発の報道で、さすがにもうテレビは見る気がしない。

_0216と言うわけで、今日も淀川へ。

今日はスタートから、今年は数が少なかったオカヨシガモが出てきて、まず一安心。居ないわけではないけど、数が少なくてどうしたことかと思っていたら、今日はたくさん見ました。

そして、こちらはセグロカモメ。淡水域のこの辺にはあまり来ないのですが、今日はこんなところで魚の死体を見つけてお食事中。嘴から尾の先まで60cmのセグロカモメと比べると、転がっている魚の大きさもわかります。

_0217

そこへ、

他人のお食事を見つけたアオサギが近寄っていました。

セグロカモメも大きいが、アオサギはもっと大きい。セグロカモメも思わず後ずさりしましてました。微妙な緊張感。

でも、アオサギの食事はいつも丸呑み。ついばんで食べるような細かいことはしません。

未練タラタラでしたが、結局、大魚の死体はあきらめて自力の漁に出かけました。

もう少し見ていかったのですが、ここは赤川鉄橋の上。休みの日のウォーキングをする人、散歩をする人などで以外に人通りが多い。セグロカモメが平らげることを確認する前に次へ。

_0227

先週、見えなかったチュウヒが気がかりで、大堰の下流の葦原へ急ぐ途中、ヒラヒラと舞う、、、

チョウゲンボウを発見。今シーズン初物です。

ヒラヒラと建物の向こう側に回りこんだのを見て、そちらに行ってみると、居ました。小窓のひさしの上。かなり距離があるので鮮明では有りませんが、雄の若鳥のようです。

葦原への途中、ハッカチョウのポイントで一休み。ところがハッカチョウが居ない。2月には戻ってきて5羽も居たのに、、、この場所、昨年秋に林がずいぶんと伐採されてしまったので、今年はここで繁殖するのをあきらめたかな?

で、チュウヒのポイントの葦原は? 穏やかな春の陽が霞のかかったようなボンヤリとした空気を通してあたっています。静かだ。ほとんど鳥の気配がしない!チュウヒはおろか、たくさん居るはずのオオジュリンの声までもしない。

_0238

どうしちゃったんだろう。

こんな暖かい春の日に小鳥も囀らないなんて、そういえば今日はいつもあんなにうるさく囀っているヒバリの声も少ないような、、、

まさか、原発の事故を恐れて淀川の鳥たちも避難した???

水路の脇にある柳の樹は黄緑色に。

_0239

川原に自生している桜の芽はこんなに膨らんで着ました。

小鳥のポイントで、常連さん達はかろうじて居ましたが、こちらも数が少ない。

どうしちゃったのか?

シジュウカラはもうどこかへ行ってしまったかな?

_0240

今日の淀川は大潮でしたが、潮の引き方が尋常ではない。こんなに大きく潮の引いたところ見たこと無いなぁ~と、思っていたら「スーパームーン」だったそうです。

19年ぶりにつきが地球に接近して、大きく見えるそうです。

「それなら」とベランダから月を写してみました。

が、これだけでは大きさはわからない、、、

明日は午後から崩れるとの天気予報。明日の朝、淀川の鳥探しに再チャレンジだ!

|

« 東北関東大震災の被災者の方に心よりお見舞い申し上げます | トップページ | 昨日のリベンジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春なのに:

« 東北関東大震災の被災者の方に心よりお見舞い申し上げます | トップページ | 昨日のリベンジ »