« 春なのに | トップページ | 春なのに風が冷たい淀川 »

2011年3月20日 (日)

昨日のリベンジ

昨日、鳥さんが少なかったのは3連休の初日で人出が多かったことも関係するかもしれない。普段のジョギング・サイクリング・釣りだけではなく、潮が大きく引いていたので、シジミ採りの人も多かったし、葦原も実は結構人が出入りしている。今日は朝から淀川へ、

_0242

といっても7時過ぎですが、、、

まずはチュウヒのポイントを目指して、ママチャリを走らせる途中のハッカチョウ。

居ました!やっぱり朝早ければ居るんだ。

_0248

2羽がエスニックな節回しで、キュルル、キュルルと鳴いていました。その内に、橋下の鉄骨の穴へ飛び込みました。たぶんあそこが巣でしょう。

ちょうど朝日が当たっているところ、コンデジでも条件がよければこんな写真が撮れる!

葦原では早速チュウヒの登場!ほらねちゃんと居る。少々遠かったので写真は断念。

_0253一安心して、ママチャリを流していると、前方からオオジュリンの声。

ん~、夏羽に成りかけの雄(左奥)と雌のツーショット。

でも、ピンとはどっちつかず((笑)。

その時、葦原から細く高い「ちぃ~ぅ」の声。

_0256

やったね、ツリスガラです。

水路の向こうの葦原の中ほど、距離は相当ありましたが、コンデジのズームいっぱいの力技。荒い画像になるのは覚悟の上での「記録」です。この後も、葦原のあちこちから独特の声がして、かなりの数が居そうな雰囲気で昨日とは大違い。

_0261

そして、こちらは、、、

わかりますか?枯れ草の陰に嘴を背中に突っ込んで、でも、実は警戒してしっかりとこちらを見ている。タシギです。直前に数羽が「ジェッ、ジェッ」と飛び出したので、もしかして?と見てみたら居ました。この後も数羽飛び出し、都合7,8羽居たようです。

潮も昨日と逆で、大満潮の大潮でした。_0266

草原を歩いていると、時々足元からヒバリが飛び出してきて、驚かされます。自転車の場合はタイヤ元から、、、

こいつも、そんな感じでしたが、よほどお腹がすいていたのか「キッ」とこちらを睨んで食事を続行。あまりに近かったのでアップで一枚。

_0271

さて、今度は小鳥のポイントへ、途中でカモを見ながら移動です。ユリカモメやカモはずいぶんと少なくなりました。もう、北へ向かったのかなぁ~、

昨日、セグロカモメが食事をしていたあたりに、なにやら小さい陰が、、、よく見るとコチドリ。

今年の夏鳥一号!

そういえば、もうそろそろツバメの来る頃。こちらの到着は遅れているなぁ。

一気に移動してきたので、少々疲れた。水路の脇に腰を下ろしてタバコを吸いながら対岸のジョウビタキをのんびり見てると「ポチャ」。ん?カエルでも飛び込んだのかな?3回目のポチャでそれが目の前の草の陰、、、おぉっと!なんとヒクイナが足元に。チョコチョコと茂みを渡って隠れてしまいました。こちらは夏鳥2号。タバコを吸っていると何かが起こる、、、

小鳥のポイントに行くと、なにやら視線が、、、20mほど向こうからこちらの睨んでるのは、、、おや、イタチ君。今日も居たのか、っとカメラを向ける前に逃げられました。先に気付かれてはやっぱり無理。小鳥も見ながら奥に進むと先日イタチ君の写真を撮ったところでガサゴソ。今日も居た!しかも近い!_0293

見つかる前に、、大慌てでカメラを向けてファインダーの中で目があった瞬間、、、

撮れていたのは尻尾だけでした。

ズームアップしなければ充分間に合ったのに、、、

_0299

気を取り直して、こちらはベニマシコ(♂)。

咲きかかった柳の花をしきりに食べています。

今シーズンはよく登場してます。この冬の淀川では結構多かった。

_0303

こちらはベニマシコの雌。 こうした小鳥をとろうとするとコンデジのオートフォーカスがどうしても後ろの藪や小枝にピントを持ってきてします。

なかなかちゃんととれずにイライラしますが、これは旨く行った。

さて、おまけは↓

_0249

朝日の淀川で、2羽の白色レグホンを散歩させるおじさん。

でっかい白色レグホンがおとなしく抱えられているのがおかしいでしょう。

淀川で時々、「コケコッコー!」って、訳のわからない時を告げています(笑)。

|

« 春なのに | トップページ | 春なのに風が冷たい淀川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のリベンジ:

« 春なのに | トップページ | 春なのに風が冷たい淀川 »