« いきなり、暖かだ | トップページ | 【番外編】スカイツリー特集 »

2011年2月13日 (日)

新しいカメラを担いで淀川へ

機動性重視で、写真軽視の淀川通信ですが、新しいカメラを買ってしまいました。カメラが大きくなるのは本位ではないんですが、、、でも、新しいカメラが手に入ると、撮りまくり!

_0005

まずはここ、淀川通信の起点。赤川鉄橋です。

今度のカメラはワイドも強い!

_0007

そして、朝日の中に顔を出したアオジ。

ん~、やっぱり射程距離が長い!前のカメラではこの距離では撮ることは無かったでしょう。

_0010

そして、シロハラ。いつも藪の中にいて、被写体として考えることはほとんどないんですが、撮れちゃった。

でも、このカメラでは芸術写真は無理ですけどね、

コンパクトデジカメで撮る記録と割り切れば、使えるかな(笑)。

_0018

続いて、ベニマシコ。今年はベニマシコが多いと思う。  が、写真は、、、

やはり、コンパクトデジカメの限界で藪の中にいる鳥にはなかなかピントが合わない。ようやく、ピント合っても、どうも寝ぼけた顔で、、、

やっぱり、ペニマシコは後ろからみて、振り返ったところの方が、かわいいなぁ~。

_0041

こちら(←)は雌。

小枝の先で何を食べているのか?

_0042 この写真ではわかりませんが、小枝の先の冬芽をつまんでいました。

おいぉぃ、もう直芽吹くから、全部食べちゃうなよ!

_0032_3

こちらの背中は エナガ。

この冬、淀川デビュー!かわいいだけど、チョコマカと動く小鳥はデジカメの天敵。

ようやくピントが合ったと思ったら、背中。

_0034_2

こちら(→)はコケの生えた石ノ上で、何を捕っているのか?

親指ほどの小鳥がチョコマカと動くのにコンデジでついていくのは、やっぱり無理かな。物怖じしない奴なので、ジッとしてるとすぐ近くまで来るんですけどねぇ~、写真に撮るのは難しい!

_0049

淀川の普通の鳥シリーズ。

モズ(♀)です。これも微妙に射程距離の中に入ってくれない鳥ですが、無理やりズームイン。

秋には大声で、高鳴きしてたのが最近はすっかり静かで、うっかりしてると見落としてしまいそう。

_0054

こちら(→)も淀川にはたくさんいるホシハジロ。大堰の上からパチリ!

嘴を羽の中に入れて寝ているようですが、流れのあるところなので、足はしっかり水をかいています。

そして、よく見ると金色の目を開いて、こちらの様子をしっかりと伺っている。

_0058

←こちらはタヒバリ。

珍しい鳥ではないですが、1羽で草のあいだをちょろちょろしてるのを見つけるのは至難。

写真はきれいに撮れてませんが、あくまでも「記録」です。

いつもの言い訳(笑)。

新しいカメラを持ってきたのに、今日はタカやハヤブサは見つかりませんでした。でも、小鳥が多くいて、これは満足。それにしても、今年はカモが少ない。一応、いつものメンバーはいるんだが数が少ない。特にオカヨシガモ。キンクロハジロも少ないなぁ~。白鳥や鶴が北に旅立ったニュースが伝わってきてますが、こんな真冬に? 淀川のカモも北に飛び立った?

今日のおまけは↓。

_0056

この寒さにも負けず、グングン大きくなっているマンジュシャゲ(たぶん・・;)

でも、さすがにこのところの寒さにやられて少し元気が無いかな?ボサボサでした。

(新しいカメラは広角も強いことを再認識)

_0057

そして、河川敷公園の水仙の花が咲きました。

おとといの雪の中でも咲いていたんだろうか?

気温は低いものの風もなく、穏やかな日でした。体も寒さになれて、川原をうろうろするのには困らなかったのですが、今日はカラスも穏やか。

タカも現れず。小鳥三昧の1日でした。

|

« いきなり、暖かだ | トップページ | 【番外編】スカイツリー特集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139395/50865168

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいカメラを担いで淀川へ:

« いきなり、暖かだ | トップページ | 【番外編】スカイツリー特集 »