« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月26日 (土)

春が近い

先週までの寒さはどこえやら、いきなりポカポカ陽気の淀川です。

_0097

まずは城東貨物線の赤川鉄橋の上から、オカヨシガモ。この角度から見ることはなかなか無い(笑)。

今年はカモが少なく感じました。寒さでもっと南まで行ってしまったのか?

特に、このオカヨシガモの姿が少なかった。地味な色合いですが、背中からお腹にかけてのとっても繊細な模様がお気に入りです。が、コンデジでその質感が撮れるか???

_0103

ついでと言うわけでは有りませんが、こちらはオカヨシガモの雌。

よく見ると、足で一生懸命水をかいて泳いでいます。

この眼は、、、こちらを警戒して睨んでるなぁ~。やっぱり。

_0078

さて、今日は暖かいものの鳥の姿は少なく、さてどうしたものかと、タバコを吸っていると、

「キュルルゥル~」という、エスニックな声。

おっと、ハッカチョウ。5羽で来ましたか。

この辺りで、繁殖してるらしいので、今年の春は巣立ったところを見てみたい。

長いレンズを手に入れて、チュウヒが飛ばないかなぁ~とママチャリを進めていると、、、出た!しかも、だんだん近寄って、真上を飛んで、、、

カメラを持つと、一番良くないことは鳥を撮るのに夢中になって、「見る」事を忘れてしまうこと。必至に追いかけましたが、空をバックに飛ぶ鳥のスピードと光の条件の悪さにコンデジはまったくついていけませんでした。

川原でコンビニおにぎりを食べて、気を取り直しいつもの小鳥のポイントへ移動。シジュウカラらもエナガも居ましたが、ちょこまかと動いてコンデジの射程距離には入ってくれない。さて、そろそろ帰ろうかというときに向こう岸からタカの声。あのセンダンの大木の林だろうと見当を付けるものの、、、さすがに淀川は大きい。対岸のタカは見つからず。飛び立つのを期待して、魔法のタバコに火をつける。いつも、タカを追い立てるカラスも今日はきげんが良いのかのんきに飛んでいるばかり。そろそろタバコも終わりと言う頃に、「ジュリィ~ン」と言う鳴き声、、、これは!一瞬でしたがマヒワ!淀川でマヒワを見るとは、、、

さて、最後にもう一度対岸の林を見ると、、、見つけた。たぶんノスリ。あの位置は帰り道、橋の上から見えるかもしれないと、大急ぎでママチャリを走らせ、、、

_0115

枝の隙間から、何とかパチリ。(ピントは枝ですが、、、(・・;

おそらくノスリですが、とってもやせてます。

何とかこの冬を乗り切れるか?キッ、と睨んでいる目の方向は淀川の葦原。野鼠でも出てくるのを狙っているのか?

_0314_2

ノスリの居たのはこの林です。

この中にノスリがいるんですが、、、見えるわけ無いか!

今日のおまけは↓

続きを読む "春が近い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

【番外編】スカイツリー特集

2月18~19日と東京をうろうろしてきました。

_0284 うろうろと言っても足はこいつの周辺へ、

と言うわけで、スカイツリー特集。

隅田川沿いに橋の上から見たスカイツリーです。

最初は厩橋。蔵前から一つ、浅草よりの橋です。

_0285

曇り空で、暗い感じの写真になってしまいましたが、足元までしっかり見るにはこのくらい離れないと無理かな?

次は駒形橋から、ここまで近づいてくるとはっきり見えます。

左に見える金色の雲をかたどったオブジェを乗せた建物はのはアサヒビール駒形橋ホール。

雲らしいのですが、どう見ても「ウンチ」と思ってます。

_0292

そして、こちらは浅草寺前の吾妻橋から。

周りは浅草に来たついでに、スカイツリーの写真を撮る観光客でいっぱいです。

大きいカメラ、デジカメ、携帯のカメラ、、、大勢の人を掻き分けて、一枚。(私も携帯ですけど(笑)

_0297

吾妻橋を渡って、清洲通りへ。

いよいよ、近くなってきました。ここまで来ると写真を撮らなくても、ついつい見上げてしまう大きさ。

首が凝ってきた(笑)。

_0302

本日は584Mだそうです。この辺りは工事現場近くの狭い路地。

でも、浅草のついででない、スカイツリー観光客でいっぱいです。_0303

足元から見るとこんな感じ。

「見上げる」とは、こういう事を言うんでしょう。

ほとんど真上を見て、、、携帯のカメラでは全体像を収められません。

重厚な鋼管を微妙に組み合わせたタワーの骨組みが印象的です。

_0287_2

さて、もう一度隅田川に戻って、橋から見たスカイツリー特集のトリはこちら。

言問橋越しに見たスカイツリー。私はこの場所が「スカイツリーの正面」と思います。

完成したら、もう一度見に来ようっと。

さて、スカイツリーを見ていたら、、、

_0309

なぜか、東京タワーが見たくなった。

浅草線で移動すれば30分もかからない。

まぁ、行ってみましょうかって。

こちらはこちらで、趣がある。

スカイツリーの鋼管と違って、この鉄骨の脚線美。

東京タワーも駐車場に大型の観光バスがたくさん停まって、大勢の人で大混雑でした。

今日は登りませんでしたが、ひょっとすると東京タワーの展望台はスカイツリーを見る最高のポイントかもしれない、、、

おまけはスカイツリーと東京タワーのツーショットと関係ないけどレインボーブリッジにかかる満月。↓

続きを読む "【番外編】スカイツリー特集"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

新しいカメラを担いで淀川へ

機動性重視で、写真軽視の淀川通信ですが、新しいカメラを買ってしまいました。カメラが大きくなるのは本位ではないんですが、、、でも、新しいカメラが手に入ると、撮りまくり!

_0005

まずはここ、淀川通信の起点。赤川鉄橋です。

今度のカメラはワイドも強い!

_0007

そして、朝日の中に顔を出したアオジ。

ん~、やっぱり射程距離が長い!前のカメラではこの距離では撮ることは無かったでしょう。

_0010

そして、シロハラ。いつも藪の中にいて、被写体として考えることはほとんどないんですが、撮れちゃった。

でも、このカメラでは芸術写真は無理ですけどね、

コンパクトデジカメで撮る記録と割り切れば、使えるかな(笑)。

_0018

続いて、ベニマシコ。今年はベニマシコが多いと思う。  が、写真は、、、

やはり、コンパクトデジカメの限界で藪の中にいる鳥にはなかなかピントが合わない。ようやく、ピント合っても、どうも寝ぼけた顔で、、、

やっぱり、ペニマシコは後ろからみて、振り返ったところの方が、かわいいなぁ~。

_0041

こちら(←)は雌。

小枝の先で何を食べているのか?

_0042 この写真ではわかりませんが、小枝の先の冬芽をつまんでいました。

おいぉぃ、もう直芽吹くから、全部食べちゃうなよ!

_0032_3

こちらの背中は エナガ。

この冬、淀川デビュー!かわいいだけど、チョコマカと動く小鳥はデジカメの天敵。

ようやくピントが合ったと思ったら、背中。

_0034_2

こちら(→)はコケの生えた石ノ上で、何を捕っているのか?

親指ほどの小鳥がチョコマカと動くのにコンデジでついていくのは、やっぱり無理かな。物怖じしない奴なので、ジッとしてるとすぐ近くまで来るんですけどねぇ~、写真に撮るのは難しい!

_0049

淀川の普通の鳥シリーズ。

モズ(♀)です。これも微妙に射程距離の中に入ってくれない鳥ですが、無理やりズームイン。

秋には大声で、高鳴きしてたのが最近はすっかり静かで、うっかりしてると見落としてしまいそう。

_0054

こちら(→)も淀川にはたくさんいるホシハジロ。大堰の上からパチリ!

嘴を羽の中に入れて寝ているようですが、流れのあるところなので、足はしっかり水をかいています。

そして、よく見ると金色の目を開いて、こちらの様子をしっかりと伺っている。

_0058

←こちらはタヒバリ。

珍しい鳥ではないですが、1羽で草のあいだをちょろちょろしてるのを見つけるのは至難。

写真はきれいに撮れてませんが、あくまでも「記録」です。

いつもの言い訳(笑)。

新しいカメラを持ってきたのに、今日はタカやハヤブサは見つかりませんでした。でも、小鳥が多くいて、これは満足。それにしても、今年はカモが少ない。一応、いつものメンバーはいるんだが数が少ない。特にオカヨシガモ。キンクロハジロも少ないなぁ~。白鳥や鶴が北に旅立ったニュースが伝わってきてますが、こんな真冬に? 淀川のカモも北に飛び立った?

今日のおまけは↓。

続きを読む "新しいカメラを担いで淀川へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

いきなり、暖かだ

昨日に続いて、今日も淀川へ、まるで春のようにかすんだ空にヒバリが囀っている。凍える寒さの先週もヒバリは囀っていましたが、それは芝の上。今日は暖かい陽に誘われて空高く舞い上がるヒバリでした。

_3487

で、気分よく昨日のエナガとシジュウカラのポイントへ、

ん~~~、エナガがいない。  残念、

しょうがないので、いつものようにボーっとタバコを吸っていると、シジュウカラが元気に囀っています。でも、今日は一羽。

エナガはどうしたかなぁ~、などと思いながら、

「それにして、カラスがうるさい」、って見上げると!

_3496

あらら、ハヤブサ!

先々週、見たつり橋の柱のもう一つの柱の上。

コンデジの実力ではこの解像度が限界です。

見つめる先は淀川の水面。いつもならカモがたくさんいるところですが、、、

今年はカモが少ない。ん?ハヤブサがここに陣取ってるのでいつものカモがいないのか?

_3524

で、いきなりですが淀川に普通にいる鳥シリーズ。

オオバン(→)

蝋のような、額と嘴。そして良く見ると、、、

イケずな瞳。じろっとこちらを見て、

「お前はパンを持っていないのか!」って怒られました。

おまけは↓

続きを読む "いきなり、暖かだ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

いきなり3月上旬の気候だ

先週、この冬一番の寒さの後にいきなり3月の気候だと天気予報が言っています。

確かに寒くは無いが、暖かくはない、なぁ~_3422

今日もここから。

で、今日もいました。シジュウカラやエナガがいるとやっぱり、なんか安心できる。こいつらが、ここに定着してくれるとうれしいんだが、、、

_3434_3

こちら(→)はジョウビタキ。上のエナガもそうだけど、この構図だと、ピントはすぐ前の小枝に、、、コンデジの限界。

_3419

こちらのベニマシコは草の種だけでは足りなくなって、藪の木の芽をつまんでる

のかな?

今日は小鳥が良く出てくる。確かに春は近いか?

先々週見かけたクイナが気になり、いつもより静かに歩いていたら、目の横を飛んでいったのは、ツグミよりでかい。トラツグミ。

ん~、ここで出たか。5年前、淀川の近くに引っ越してきて、せっかく近くに淀川があるから散歩をしようかと家を出たとたん団地の公園で身の前を横切って行った、、、

  その内に淀川でも、見ることもあるだろうなぁ~と思っていたら、いきなり来た。

単独行のトラツグミはなかなかゆっくり見ることが出来ません。って、写真が無いいいわけですが、その後いいつものように河川敷を下流に向かうと、、、

ぐ!、スズメを追い回してる猛禽が頭の上を通過!細かく羽ばたくあいつはコチョウゲンボウ!ん~~~~、スズメを追い回しながら頭の上を往復。双眼鏡に視野に入れるのも精一杯。 淀川にはこんな奴まで来るんだ。(たぶん、学生のとき以来30年ぶり?)

_3454

おそらく、30年ぶりのコチョウゲンボウを見て大興奮でした。

この辺で、普通に淀川にいる鳥を、

←ヒドリガモ。たぶん淀川で一番多い。

人に慣れている奴は、立ち止まると寄ってくる。

_3466

こちら→はキンクロハジロ。

ヒドリガモに劣らずたくさんいます。黒い体に金色の目、、、わかるかなぁ?

本来、潜水して魚介類を食べる種類ですが、パンに寄ってくる奴もいます。

_3448_2

先週、ヌートリアに詰め寄られたところを避けて少し離れた場所で、休んでいると、

何かを期待して(?)、控えめに近寄ってくる奴がいます。

ハクセキレイ、あまりにも近くに来たので思わずパチリ!

_3459

そこで思い出して、先週ヌートリアに詰め寄られた場所を見ると、、、

やってます。

「もっと頂戴!」

この辺りには小さいヌートリア(子供かな)が多い。先週の寒さを乗り越えれば、もう大丈夫でしょう。

続きを読む "いきなり3月上旬の気候だ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »