« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月30日 (日)

この冬一番の寒さ、、、と天気予報が

この冬一番の寒さ、、、と天気予報が言っていました。日本海側では豪雪、鹿児島宮崎では火山灰の被害。そんな時でも、淀川へ、

_3340

春秋のわたりのシーズンはいろんな小鳥が楽しませてくれる淀川ですが、真冬にはタカがやってくるので目が離せません。先週はハヤブサを見たし、さて今週は何が出るか!と言っても、どこで出てくるかわからない奴をあても無く探すわけにも行かないので、とりあえず、先週クイナの居た場所へ、

歩きかけたらユリカモメの「ギャァ、」って、警戒声。ん?お!いきなりオオタカ!先週。カラスに追われてた奴と違って立派な成鳥。

今日はカラスも寒さと強風で出てこない中を悠然とまっていました。

例によって、コンデジの限界。ブレブレの写真ですが、記録だと思って許してください(・・;)。オオタカを見て、朝一からいい気分。でも、寒い。

で、先週クイナの居た場所は、、、凍ってる!!!!

クイナは足を凍りつかせて、その辺に、、、いるわけが無い。

_3341

気を取り直して寒風の中歩き始めると、寒さの中にシジュウカラが小声で、、、ちょっとした河畔林、歩いていると、頭上に何かの気配?

近くでモズの警戒声。

見上げると、この足の爪!こいつは絶対タカ。でも、お尻だけでは何だかわからない。そう~っと回り込んでも藪がじゃま。幸い、相手はこちらに気がつかない。10Mほど飛んで、また小枝にとまる。藪の向こうに見えたのはノスリ。

たぶん若い奴。強風に向かって後ろのこちらには気がつかない。もうひと飛びしたのを見て、正面からみえる場所に移動して、近づこうとしたら、、、飛び立った。まぁ、当たり前。とまっているタカに歩いて、コンデジの射程距離まで近づくのは、無理。飛び立ったノスリはゆっくりとワンドの向こうの堤防を越えて、、、そこには!あぁ~あ、カラスに追いかけられていってしまいました。ずいぶん引っ張りました。ノスリのお尻とは言え、2Mほどの距離に近づいたのは初めてです。

_3369

いやぁ~、だらだらとノスリのお尻だけで、引っ張ってすみません。

こちらは淀川の本命のタカ。チュウヒです。

って、これもブレブレですが、向こうに見える山は生駒山、手前の道は新御堂筋。カメラをもう少し右に振ると、大阪の繁華街、梅田です。

「記録」と割り切って、コンデジの写真を載せてますが、やっぱりカメラを新しくしようかなぁ~、

って思いながら、、、

今日はやっぱり寒い!「この冬一番」の天気予報は、ダテではない。

もう帰ろうと、それまでの向かい風を背に東に向かって帰り道。のんびりママチャリ流して、でも帰るのにはまだ早いのでもう一度、今朝の場所を覗こうかと。

クイナも居ない、もうタカも出ない。冬の日は早い。さぁ、最後のタバコを吸って帰ろうかと火をつけてボーとしてると、おゃ、エナガ。1mくらいのところまで来てくれるが、モチノキの葉の中で写真は無理。

_3392

寒さに震えながら、とぼとぼ帰りかかると小さな声。

立ち止まるとベニマシコ。いつもはすぐ藪の中に隠れてしまうのに、枯れ草に残った種をついばみながら、こちらを睨んで、

「邪魔するな!」って、目です。やさしいけどね、

雄+雌2羽の小さな群れで小声で鳴きながら食事をしてました。こんなに近いのにコンデジはピントがなかなか合わない。まぐれを狙った一枚です。

_3400

アオジは小道に下りて、しきりに何かついばんでる。

こちらを気にしながらも、日があるうちに少しでも食べておこうと、一生懸命。

_3357_2

こちら(→)は今朝ノスリを見た直後に遭遇したジョウビタキの雌。上のアオジの居たすぐ近くです。食事をしながら、こちらを警戒してジロ「何、見てんだよ!」、かわいい奴なんですが、光の加減かな?目がきつい!

ちょっと前まで、すぐに藪に隠れてしまっていたこうした小鳥が、冬も終わりに近づくと以外に近寄れますが、これは彼ら(彼女ら)が冬を越えて自信がついたのか、それとも喰うのに切羽詰っているのか???いつもより、1ヶ月早い顔見世のように思います。

最初にタカがきて、終わりに小鳥。さすがに寒くなりました。心底冷えた!

_3410

さて、帰ろうと愛車ママチャリ号を堤防の上に向かって走らせていると、堤防の斜面にヒドリガモ!

流行の草食系、のカモで、好物はクローバーと聞いたことはありましたが、堤防の草を刈り取った斜面で、ハトやスズメと一緒に枯れ草の中で餌を探しているのを見るとは、、、

何を食べているのか、もう少し見たかったが、寒! 今日は退散!

おまけは↓

続きを読む "この冬一番の寒さ、、、と天気予報が"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

飽きもせず、今日も淀川

晴れのち曇の天気予報。でも、寒さは一段落かな?
昨日の続きで、淀川に。

_3239 いつものようにママチャリを流していると、

おっ!淀川では珍しいカシラダカ。無理してみようかと藪の中を歩き始めると出てきたのは、、、
セッカ!
コンデジではこの1枚撮るのが精一杯。
すぐに、草むらの中に入り込んでしまうので見るだけでも難しいやつです。写真のせいか、大きく見えますが、ホントに小さくて地味な奴です。
これ、1枚採った瞬間、また草むらの中へ、
チュウヒが飛び、カラスがオオタカを追いかけ、、、

_3242

いつもの通りですが、写真は取れないなぁ~、
と言うわけで、ユリカモメの整列。
もう少し風が強いと皆、右向け右!、、、
となるんですが、今日は穏やかな日より。好き勝手な、方向を向いてます。
川岸では、ヌートリアにを餌付けしているおじさんにヌートリアも群がるしそれを見てる人もたくさん。
ちょっと離れて、川岸に座り込むと、バンが近づき、カモも寄ってくる。
「今年の冬は厳しいよなぁ~」とパンを投げると、
ヒッチコックの「鳥」!
_3252_2 周りを、取り囲まれることしばし、、、

わが愛車、『ママチャリ号』の上で「もっとよこせ」と目が語る、、、

_3255でも、パンがなくなると、あっさりしたもので、すぐにいなくなる。、

カモにあげようとしたパンはほとんどユリカモメが強奪。

ユリカモメで、しばし遊んでいつもと逆方向、

川上に、ママチャリを走らせます。

冬の恋人ジョウビタキを見ていると、後ろのほうで、「ジュッ、ジュジュッ」と

_3304

おぉ!今日もエナガが!

ん~、愛くるしぃ~!

かわいいんですが、チョコマカと動く小鳥をコンデジで捕まえるのは大変です。

エナガが枯れた葦の茎のとまるって、まるでオオジュリン?

_3311

そして、シジュウカラも来た!

エナガとシジュウカラにメジロも加わって、にぎやかだぁ~。

淀川でカラ類の混群を見るとは、、、

まるで故郷の山を歩いているようになって、ウキウキしてると、向こうの湿地を横切るものが、、、

あっ!あいつはクイナ。2年前まで、すっかり餌付けされてましたが、樹が切り倒されていなくなったのが、、、ここにいるか!!!!って、一瞬しか見てませんが、要チェックポイント。

昨日のリベンジに来たつもりが、なかなか充実!

もう寒くなってきた、さすがに帰ろう。ママチャリで、えっちらと淀川を渡っていると。

_3324

あらら、淀川を渡るつり橋の柱の上にハヤブサ。

この橋のたもとにはたくさんカラスがいるが、

うるさい奴には、まだ見つかっていないか。

ん~、「写真」では無く『記録』と割り切ってコンパクトデジカメで、撮っていますが、、、カメラをグレードアップさせたくなる。

_3330_2

冬の日は早い、日が傾いた午後4時。

淀川を渡るこのつり橋。この柱の左側の柱の上ににハヤブサがいます。・・・・わかるかなぁ?

今日のおまけは↓

続きを読む "飽きもせず、今日も淀川"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

今日も淀川へ

今日もトコトコ淀川へ、

_3237

寒い日が続いていました。先週は寒さの為に、

体が動かず。でも、今日は少しましかな?

っと、川の浅瀬にある、イグサ(?)の塊に、、、

そこに居るのはヌートリア。

左の写真ではまだわかりにくいかな。

もう少しアップすると、

__3237 昼寝の時間にはまだ早い。

朝9時くらい。朝日を浴びて朝寝中。

_3238

そしてこちらはすっかり餌付けされた、ヌートリアの子供。立ち止まったら、近寄ってきた。

「すまないが、今日はパンを忘れてきた」

しばらく、待っていて何も出ないとわかると帰っていきました。

帰りに見たら、おじさんのパンに集まるヌートリアが5匹ぐらい。ん~、餌付けされすぎ!

今日は2時間と短い時間でしたが、カワセミや意外に淀川で見ることが少ないシジュウカラ、そして、もっと意外淀川ではじめてのエナガを見ました。寒さで山を降りてきたのか?一方、今年はかもが少ない。寒さで、もっと南までいったのか?

続きを読む "今日も淀川へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

白髪カモ

1月9日、今年最初の淀川。

_3110_4

今年の冬は寒い!

寒さに震えながら、淀川の陽だまりでタバコを吸っていると、カラスがうるさい。

と、思って見ると、騒がしいカラスの一団の先頭はオオタカ。今年生まれの若い奴でしょう。タバコを吸いながらボーっとしてると、オオタカがでる。

また、カラスがタカいじめか、

_3111_2

でも、この写真はタバコを吸い終わって、しばらく歩いてから、

まだやってんのか!って、追いつ追われつ真上まで、パチ!

でも、時々オオタカの反撃。

このまま、オオタカは上流に向かってカラスと一緒に飛んでいきました。

_3119

で、私もママチャリで上流に向かって走っていると、、、

何!  何だこの白髪頭カモ!

一瞬、私の頭の中も真っ白。

_3123

ん~、右から見るとこんな感じ。

_3127

左からは、

ちょっと小ぶりだけどどうやらヒドリガモの部分白化でしょうか、

でも、左右ともあごを巻き込むあごひげのように残った黒い部分が、なんともいえない。

_3142_4

シラガヒドリガモと寒さに頭が混乱したまま、ママチャリを上流へ、この辺で昼飯。

川原に座り込んでコンビにおにぎりを食べていると、遠くにいたヨシガモが目の前に。

タバコとおにぎりは鳥が寄ってくる。

_3162

ヨシガモ。白い背中に優雅に垂れ下がった尾羽。(ホントは尾っぽではないけどね)。そして、光の方向によって、色の変わるメタリックグリーンの頭。

_3170

こちら(→)はオカヨシガモ。ヨシガモに比べると、ずいぶんと地味ですがこの羽は良く見ると、とてもシックで繊細な模様がとても素敵なんですが、、、

コンデジではそこまで写らないか。

奥にいるのは白髪頭になっていない普通のヒドリガモのオス(左)とメス(右)です。

_3175

冷たい風が強い日でした。どっかと、川原に座り込んで背中を丸めておにぎり食べてると、カモもだんだん近づいてきます。

知らなかったんですが、ヨシガモは潜る。

潜って、水草を採ってくると潜れないヒドリガモが欲しがって、寄ってくる。

ヨシガモはとられない様にあわてて飲み込む。

_3168

向こうのオカヨシガモも欲しそうな目で見てる。(笑)

寒いけど青空の日。水面も青空を映して淀川がとってもきれいに見える。

_3144_3

って、カモを見ながらおにぎり食べてたら、目の前をヌートリアが、、、、

無表情に横切って、、、、

さて、そろそろ次の場所へ

_3178

強風の中、えっちらとママチャリを走らせて、

自分の昼飯は済んだので、おもむろにパンを出すと、向こうでアオサギがイケずな目をしてこっちを見てる。まさかこないだろうと、パンをちぎってカモに向かってホイと投げたら、、、来た。
カモを蹴散らして、一気食い。
アオサギが、、、パンを、、、食うか、、、

(↑ちょい動画)

_3182

淀川で、パンを投げると。
ハト、スズメ、そしてユリカモメ。どこで見てるのか、あっという間に必ず来ます。
そして、投げたパンの切れ端を一番上手に捕るのはこいつです。

_3202

そして、ここではこんなのも。ヌートリア。去年の夏ぐらいからすっかりと餌付けされてます。人の手からパンをとって食べているところをアップでパチ。

(↑ちょい動画2)

_3176

←は先ほどのアオサギ。

いかにも今年生まれの情けなさそうな顔のアオサギです。

_3204_2

パンを投げてたら回りは大騒動。

こちら→ はユリカモメ。結構りりしい姿で、思わずパチリ。

二重まぶたがなんともいい顔です。

_3211

ここまできたら、ドアップ特集。

最後はスズメ。

上目遣いで、「もう、パンは無いのか」

怒ってます。充分に私の手の届くところで、こちらを睨んでます。

_3219_2

スズメに睨まれて、すごすご。

ママチャリをこいでたら、どこかで聞いた声。

エスニックな声の主はハッカチョウ。声はエスニックだけど、寒いよな。

おまけは↓

続きを読む "白髪カモ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »