« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月21日 (日)

淀川の秋

暑い夏も終わり、いきなり寒くなって紅葉の話題もニュースに出るようになりました、

_3048

今日は快晴。久しぶりに淀川を散歩してみるとここにも紅葉してる樹を見つけました。

ナンキンハゼ、街路樹に良く植えられてる樹です。

白く見えるのがその実。この白い実が冬まで残っているので、すぐわかります。

淀川には、鳥が運んで来た実から育ったのか?わりと目に付く樹です。河川敷のところどころに見える紅葉した樹はすべてこのナンキンハゼでした。町の街路樹のナンキンハゼはまだ青々してましたが(・・:

_3046

こちらはピラカンサ、これも公園よく植えられています。冬、寒さが一段と厳しくなった頃に鳥が食べ始め一気に実がなくなります。淀川ではこの場所だけ、なぜか群生してます。

しかし、これだけぎっしりと実っていると魚の卵みたい。

_3047

淀川と言えば、これ。

ススキじゃなくて、葦です。葉はすっかり枯れて穂が出ています。今日は風が強かったので綿毛が飛んでいました。

この中に、オオジュリンをはじめ冬の小鳥がたくさんいるのですが、北から渡ってきた彼らはとてもシャイでなかなか姿を見せてくれません。

_3039

おっと、忘れちゃいけない。秋に刈り取られたマンジュシャゲのその後。

1ヶ月前にあんなに小さかったのに、もうこんなにボサボサになっています。

これから寒くなりますが、寒ささえ乗り越えれば太陽の光は独り占めですね。

さて、今日の鳥は、、、、

続きを読む "淀川の秋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

猫特集!

淀川には野犬がたくさんいますが、猫も少しいます。

_3020

いきなりですが、この顔。ちょっと怖い顔ですが、まだ子猫(たぶん)。

きっと、いろいろな血統が入っていると思います。

_3023 毛足が長く、尻尾はふさふさ。

小顔で、背中が丸まってるのが特徴です。ここの野良猫は野犬と違って、人から逃げるわけでは有りません。かといって、近づいてくるわけでもなく微妙な距離を保っています。近寄らないけど、こちらをチラチラと見て物ほしそうではないけど、何かを期待しているような、、、

その内に、小さな虫を捕まえて食べていました。

子猫がひとり立ちする頃か?

_3026

同じ場所で、同じような大きさの子猫です。が、雰囲気はずいぶん違う。毛足は短く、縞々のトラネコ風。でも、額の模様は一緒。大きさから見ても兄弟だと思うのですが、仲が悪いのか微妙な距離を置いています。

_3028

この風格。 

でも、人との距離のとり方も微妙で、野犬と違って「野生」をあまり感じさせません。この近くで、誰かが餌を揚げてるのかなぁ~?

_3031

今日は不思議なことにたくさんの猫を見ました。

こちらは逆光でほとんど真っ黒ですが、バッタを狙った猫。

猫ジャーンプ!

前足のあいだからバッタが必死で飛び出していきます。残念ながら、この狩は失敗でした。

淀川の猫は虫を糧に生きてるのかな?ネズミはたぶんいると思うけど、、、

続きを読む "猫特集!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

幻を見たか?

_3017

最初からボケボケの写真で申し訳ありません。

でも、あせりました。

これ、「アオツラカツオドリ」ではないでしょうか?

ここは尖閣列島?小笠原か???

先週の台風で飛ばされてきたか?

と、まぁ~、ホントかなぁ~?こんなボケボケの写真ではどうしようもないけど、淀川の鳥リストに載せちゃおうかな?

その他、サンカノゴイが飛んでいるのを見たり、今日はビックリの一日。

久しぶりの良い天気の休日。相変わらず季節を勘違いしたヒバリは囀っていましたが、カモ類はおおよそそろいました。ジョウビタキ、オオジュリン、アオジ、ホオジロなど淀川の冬の小鳥も一通りそろい、葦原にはチュウヒ、川の上にはユリカモメ。冬の鳥たちは勢ぞろいです。

アオツラカツオドリに驚いて、今日の鳥の写真はこれでおしまい。

おまけは

 ↓こちらから

続きを読む "幻を見たか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »