« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月23日 (土)

マカルガモ?

先週は疲れてお休みしてましたが、今週はまた秋の淀川へ、

もう、いないかと思っていた旅鳥たちもコサメビタキ、ルリビタキ、メボソムシクイ、エゾムシクイ。枝先や藪の中をチョコマカとして、小さな虫を捕っています。とても写真は撮れませんでしたが、こういった小鳥を見つけると満足度大。でも、藪の中で息を殺して小鳥を探していると、、、やぶ蚊。だいぶやられました。そしてノビタキまで、まだまだいます。一方、カモに加えてオオジュリンの姿も見ました。冬の鳥もそろいつつある。

_2989 でも、渡ってきた直後のカモたちは警戒心が強くて遠くから眺めるだけ。で、この辺りでも繁殖しているカルガモの群れを見てたら、ん???

少々濃い色だけど、顔はカルガモ。でも、体はマガモ?尾羽の上のダックテールもちゃんとクルリンっとなってます。

は~、明らかに雑種ですねぇ~、

こんな事も有るもんなんだ。ちょっと遠かったけどパチリ。この冬、ここに定着するか?

_2974

トンボも少なくなりましたが、まだいます。

夏のあいだは朝の涼しい時間帯が写真を撮るねらい目でしたが、今は数が少ないうえになかなかとまってくれない。そんな時に、こいつを見つけました。白い枯れ木の上で日向ぼっこ?いえいえ盛んに目を動かし、時々飛び立っては戻ってくる。よく見ると、口をモグモグさせて小さな虫を捕っていたようです。種類は???良くわからないけどタイリクアカネのめすかな?

_2998

去年の秋に狂い咲きしていた、川原の桜が気になっていました。今年の春は立派に花を咲かせていましたが、この秋はどうなるか?

見てみると、あらら、7割ほどの葉っぱが毛虫に食われて、、、そして、冬の準備のはずの芽が膨らみかかってる!

膨らみ始めた桜の芽をアップでパチリ。ん?

芽の先に何かいる。

_2998_2

なんと、ハエトリグモさんではないですか!

こんなところで獲物を待ってるんでしょうか?

アップで撮るとなかなかの迫力。

5cmぐらいまで近づいても逃げませんでした。よっぽどここがお気に入り?

_2963

さて、もう一つ気になっていた先日のヒガンバナ。あれだけの満開のその後どうなったか?

行って見ると河川敷公園は雑草が刈られ、どこに咲いていたのか?わからない状態。記憶をたどって、この道の脇かな?っと、どうやらこれらしいですね。でも、雑草と一緒にきれいに刈り取られていたってことは、やはり自生してたのかなぁ?来年の春まで追いかけて、マンジュシャゲの葉っぱの写真を撮ってみよう!

続きを読む "マカルガモ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

【淀川通信番外編】久しぶりに八丁平に行ってきました

秋の山はあまり、鳥は期待できません。が、秋の山を歩くのは気持ちが良いものです。キンモクセイの香りがする頃、そわそわしてきます。いつ山歩きしようかと天気予報をチェックし満を持して出かけましたが、残念ながら秋晴れとは行きませんでした。それなりに楽しんで帰ろうとすると、バリバリと小枝を折る音。なんと、クマさんが栗を食べているのを見つけました。

_2951

今年はくまの被害を伝えるニュースがたくさん流れています。ドングリが不作で人里に知被いているそうですが、ここの栗は結構有りました。

私も歩きながら、そこそこ拾いましたが、クマさんはもっと豪快。木に登って、枝ごと栗を落としてイガをものともせず、バクバク食べてました。

ずぅ~っと見てましたが、こちらに気がついてくれないので、そうぉ~っと帰ってきました。栗はたくさんあったけど、やっぱりナラガレは進んでいます。

枯れちゃったのはしょうがないけど、次世代を育てることも考えたほうがいいかも。

天気も悪く、暗い林の中で何とか動画が旨く撮れるか?

とまぁ~、最後にすごいものを見てしまいました。

_2897

歩き始めた時にはどんよりとした曇り空。いつ、秋雨が降り出してもおかしくないような天気でした。

いつもはミソサザイがうるさい杉の林も、今日はひっそりとして静かなものです。遠くで動くものがあったので、念のために見てみると、、、

あらら、ミソサザイ。なぁ~んだ、いるんじゃないか。

_2908

八丁平の湿原の上は渡っていたアトリが上空を20~30羽ぐらいの群れで飛び回っていました。

こいつが、なかなか落ち着かず。とまったと思っても枝先から少し入った藪の中でなかなか見つけるだけでも大変。おっ!枝先に出た!と思ったら、ツミが突っ込んできて、、、

ツミの狩は失敗しましたが、アトリが落ち着かず枝先に出てこなかったのはツミに狙われていたからだったんだ。

_2917

さて、栗を拾いながら歩いていつもの場所へ、

一応、いつもの写真を撮っていると、いきなり頭の上をハヤブサが飛び去って行きました。

ぇ!っと思っても、、、一瞬のことでした。

そして、おにぎりを食べてると、、、今度ははるか上空をノスリが、、、

ん~~~、他にもサメビタキもいたし、秋の山は静かだけど、渡り鳥が一杯。そしていつものキバシリやゴジュウカラをはじめカラ類やキツツキ。

続きを読む "【淀川通信番外編】久しぶりに八丁平に行ってきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

淀川にカモが来ました。

2週間ぶりに淀川に、

おや、淀川にヒドリガモ。ついにツバメもいなくなり、もうすぐ冬鳥の季節になります。でも、その前に

まだまだ、秋の渡りの真っ最中。今日はルリビタキが当りでした。でも、藪の中をチョコマカと動き回って、写真は撮れず。

_2894

サメビタキもまだいました。去年はキビタキが大当たりでしたが、今年は残念ながら確認できず。

川原で、ボォーっとタバコを吸ってると青空と雲のあいだにミサゴ。都会のすぐそばですが、意外に猛禽も来ます。(時々ですが、、、

シベリアからのカモは、ヒドリガモのほかホシハジロ、コガモ、そしてオオバン。

今日は今年最後のシギを狙って、珍しくプロミナを持ってきましたが、小潮の為、干潮になっても干潟が出てこず、空振り。プロミナを担いでいるとやっぱりカメラにはなかなか手が回らず、今回の写真はマンジュシャゲ。後ろに見える淀川大堰のすぐ下流の公園です。

続きを読む "淀川にカモが来ました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »