« 秋の淀川、今度はコサメビタキ | トップページ | 淀川にカモが来ました。 »

2010年9月26日 (日)

今度はエゾビタキ

昨日に続いて今日も淀川。秋の日差しは強い。

_2884

いつものようにママチャリを転がしていると、なぜか川原のかん木が伐採されて、、、

ここはハッカチョウのポイントだったのに、、、、結構大きな樹まで切り倒されて悲しいことになっていました。

が、こんな所には何かいそうな雰囲気が、

_2874

ハハァ~ン、

エゾビタキ。

切り倒された、周りに残った樹にとまって残った落ち葉のあいだにいる虫を狙っています。川原の葦の上にいるのも見つけましたが、こちらのほうがエゾビタキらしい(・・)。

_2881

実にかわいい、エゾビタキ君でした。

が、この周りの藪を良く見ると、

サメビタキにコサメビタキ、そしてルリビタキやメボソムシクイまでいる。なぁ~んと楽しい空間でした。

もっとも、鳥を探して藪に入ると、、、いつの間にかやぶ蚊にちくりとされてしまうんですが、

_2885_2

淀川の河川敷にもそこそこの樹が育っています。ここも、そんな場所でハッカチョウがムクドリと一緒にいたところで、今日はたくさんの旅鳥が見られてうれしかったんですが、大きな樹が切られてしまうのはやっぱり寂しい。

そう思って地面を見ると、もう次の息吹が、、、

意外とたくましいもんです。でも、これから秋→冬と向かうんですが、こんな小さな芽はどうなるのか?

今年の冬は目が離せない。って、大げさか?

さて、今日のお花はこの続きで、

お彼岸です、

_2887

淀川の河川敷にもところどころで彼岸花が咲いています。

どこから来たのか?

どうやってきたのか?

外来種満載の淀川で、知っている花を見るとなぜか心が休まります。

_2864

こちらはクズの花、ようやく大きくなってきた木や草を多い尽くしてその成長を押さえ込んでしまう困った奴。

花はなかなかきれいで、かわいいんですが、、、

今度、根っこを掘り出してくず粉を作ってみようか?

_2866

撮れそうで取れない、アゲハチョウ。

木陰でお昼寝中を見つけて、パチリ。

淀川にも結構いるんですけどね、

なかなか近づけないやつです。

_2858 そして、ボタンウキクサ。昨年までは淀川を埋め尽くす勢いでしたが、この春の「外来種駆除」で、姿を消していましたが、ついに出てきました。在来種の菱が、そろそろ秋の準備を始めたところに出てきて、これからどこまで勢いを付けるのか???

秋の日差しは強い、猛暑の夏から少しは涼しくなったと思ってうろうろして帰ると日焼けで腕が真っ黒になっていました。夏のあいだほとんど見なかったカワウがだいぶ増えてきました。まだまだ暑い淀川ですが、確実に秋に向かっているようです。上空を飛ぶ飛行機、すぐそこを走るJRや私鉄の騒音の中で、草むらではコオロギの声がだんだんと大きくなってきています。

|

« 秋の淀川、今度はコサメビタキ | トップページ | 淀川にカモが来ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今度はエゾビタキ:

« 秋の淀川、今度はコサメビタキ | トップページ | 淀川にカモが来ました。 »