« クマゼミ | トップページ | 今日も淀川でトンボ撮り »

2010年7月25日 (日)

今日も暑い淀川へ(でも、コムクドリも居た!)

2,3日前までの天気予報では日曜日は曇りだって言うので、今日は少しましかと思いましたが、何のことは無いド快晴!

_2496

強い日差しの中、下流側へいつものママチャリで移動して、、、

特に何もない。暑いだけ、、、

何もないので野犬をパチリ。こいつもよほど暑かったんでしょう。9時前だと言うのに、淀川に入っていきました。

_2499

もうなにも無いだろうと、あきらめて、上流に向けて移動してくると淀川の真ん中を何かが上流に向かって泳いでいる。

あらら、子ガモを連れたカルガモ。

いま頃?2回目の繁殖かな?

_2501

さて、気を取り直して、いつものワンドへ。ここは小鳥のポイントとしてもいいんですが、トンボも多い。

左はコフキトンボ(たぶん(・・;

何しろトンボを見始めたのは昨年からなので、、

_2502

そして、ウチワヤンマ。この時期、この辺で結構目立ちます。

_2503

 こちらはアオモントンボの交尾(→)。

こうした写真を撮っている最中も汗が流れ落ち、目に入ってくる状態。とてもじゃないけど、もう無理

_2515_2

木陰に逃げ込むと、おや、コゲラです。

どうも、若い奴のようですねぇ、このほかにもシジュウカラの若鳥。繁殖してもおかしくないくらい充分にかん木がありますが、ワンドの周りはこうした普通の小鳥が意外に少ない。

この場所では初めてでした。

_2519

木陰で休んでいたらシノメトンボ。

こちらも直射日光を避けて休んでいるようです。

トンボが皆、炎天下に居るとは限らないようです。

_2528

右はモートンイトトンボ(たぶん(・・;。

3cmほどの小さい奴ですが、炎天下。とてもじゃないけど持たない、、、

移動移動、、、次は釣堀のような小さめのワンドです。

_2536

でも思いっきり、炎天下。コシアキトンボ、チョウトンボ、コフキトンボ、、、5,6種のトンボが入り乱れてました。

目まで赤いショウジョウトンボ。

直射日光を少しでも避けようと、尻尾を太陽のほうに向けています。

_2539

右のタイワンウチワヤンマも真似をしてます。

_2540

チョウトンボも尻尾を太陽に向けてます。

_2544_2

コシアキトンボは炎天下、停まらずにバトルを繰り返していました。

2匹が空中でけん制しあっているところをパチリ。

飛んでいるトンボを撮るのはやっぱり無理かな?

_2546

さて、今日は久しぶりにずいぶんと上流まで来ました。

直射日光を避け、今年の春コムクドリを見た林に入ってみました。鳥の気配も無いなぁ、、、

と思ったら、こずえの先に何か居る?おっと、コムクドリ。てっきり渡りの途中だと思っていましたが、ここで繁殖したのか?さっき、トンボの写真を撮るのに夢中になっていたときに鳴いていたムクドリに似た声はこれだったか! 来春は気をつけよう。

さて、今日の植物はナガエツルノゲイトウ。南米原産の外来種です。左の写真のように岸辺から、水面を被い尽くし、水辺近くの陸上部まで勢力を伸ばしています。

_2545_2

_2530_2

この春、下流のワンドではホテイアオイとボタンウキクサそして、このナガエツルノゲイトウが大量に整理され今年は全然見当たりません。でも、少し上流にはこいつが多量に残っていました。

_2531

花のアップは、、、クローバーに似てます。

同じく南米原産のヌートリアは冬の終わりに他の餌がなくなると枯れたこいつをかじっていましたが、あまり好きではないようです。

さて、今日も猛暑日。先週買った帽子と一昨年のお正月にもらった手ぬぐいが、役に立ちました。河川敷の公園にある水庭を見つけるたびに水を頭からかぶり、手ぬぐいをぬらして、頭に載せてその上から帽子をかぶって、、、でも、30分ほどで乾いてしまうので、また、水庭を探して、、、7時から12時まで良く持った。

|

« クマゼミ | トップページ | 今日も淀川でトンボ撮り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日も暑い淀川へ(でも、コムクドリも居た!):

« クマゼミ | トップページ | 今日も淀川でトンボ撮り »