« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

出たぁ~!

_2344

スクミリンゴガイの卵。

淀川をうろうろし始めたときから、気になっていましたが、この気持ちの悪いピンク色。

スクミリンゴガイの卵との新聞記事を先々週見つけました。

スクミリンゴガイ、通称ジャンボタニシ。そう、寒さが厳しくなる頃にピンポン玉より大きいタニシのような貝殻が転がっているのも気になっていましたが、これでようやく繋がった。

そして、

_2349

カルガモの親子、雛は9羽。

連なって、淀川の真ん中を川下に向かって泳いで行きました。

でも、この下流は大堰。雛を育てる環境としては???

でも、親鴨は何の迷いも無く一直線に堰に向かって泳いでいきました。意外に早くて、見失ってしまいましたが、その後どこへ行ったのか?

次は、

_2365

ササゴイ、4年前に始めて淀川来たときに見てからしばらくご無沙汰でした。羽がぬれて水も滴るササゴイです。

_2372

顔を水に突っ込んで、餌を捕っているのであたりまえか、

_2357

ハッカチョウは長柄橋の下がお気に入りです。ここはムクドリもたくさん営巣しているところ。

「キュルル、キュルル」と鳴いて遠くからでもすぐにわかります。

_2360

右はその橋の下の木。近くで写真が撮れそう何ですがなかなか近寄れない。

コンパクトデジカメではこれが限界みたいです。

_2350

そのハッカチョウが止まっているのがセンダン(たぶん・・:)の木。今花盛りです。秋にはたくさんの実を付けますが、あまり人気が無いようで最後まで鳥は食べようとしません。でも、冬の最後にいよいよ餌がなくなると、一気に食べてしまいます。

_2353

意識してみたのは始めてです。以外にかわいい花ですね。

久しぶり(2週間ぶり)の淀川でしたが、今日も晴天。また、顔が真っ赤になってしまいました。

本日は26種。渡り鳥が通り過ぎるとガックリと種類が減ります。が、今年は珍しく、ホシハジロとキンクロハジロが残っていました。そして、ヒクイナの声も聞きました。ヒクイナは繁殖してるのかな?やっぱり、朝早く来て見ないといけないなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »