« 霞ヶ浦 | トップページ | 国道20号は長い »

2005年10月11日 (火)

国道20号

写真は有りません。ずっと運転してたので悪しからず。(・・;

^^^^^^^^^^^---------------^^^^^^^^^^^^^^^-----------------^^^^^^^^^

2005年10月10日(体育の日)
曇り、ほとんど雨

11時に松本の実家を出発。
無目的に東京に向かう、
しいて言うと、目的は今日中に帰ること。
となれば、どこで寄り道するか?わき道は?
考えに考えた末、まっすぐに国道20号を東京に向かう。

3連休の最終日とはいえ、こんな雨の日に、そこそこ早い時間ならば
高速は込んでいないはずだが、あえて高速を使わずに走ることを選んだ。

実家を出て、まずは抜け道を通り塩尻へ、20号に出る。
ここからが始まり、国道20号線は関東平野に出るまではほとんどが山道。
山道を運転するのは苦にならない。
どうせ、中央道と並行して走ってるから、いやになったらいつでも
高速に乗れる。
と、まぁ走り出しました。

まずは塩嶺峠、
ずいぶん変わったものです。
塩尻からの登りは2車線でらくらく、
諏訪湖に向かっての下りも、どうと言うことはなく、
岡谷の前の新しい道にちょっとびっくり!
20号から左に142号線。
中山道だそうな、、、気になるなぁ。
今度試そうかな、今日は20号貫徹。
右に諏訪湖を見ながら進む。

次には152号線。十石峠を越えて秩父に出る道。
これも、やれねばならぬ。
しかし、今日は20号。
甲州街道をひた走る、いや、とことこ行く。

右方向、諏訪南インターの表示を見てそろそろ富士見峠。
ほとんど、峠の印象もないまま下り坂。
道の駅「信州蔦木宿」でトイレ休憩。
きのこのたまり漬けと野沢菜を購入。
まだ、12時前。おなかは空いてないのでそのまま走行。

すぐに右手に小淵沢インターチェンジの表示。
高速ではこの辺は1000mを超える高高度高速のはずだが
20号はそのまま下り坂。
しばらくすると、甲府盆地が眼下に広がる。
なかなかの風景を眺めながらだらだらと坂を下る。

下り終えると、少々渋滞。
盆地内は渋滞と言うほど混んではいないが、
スピードは稼げない。しゃぁない。
ぼちぼちと勝沼を越えて再び山道へ、

続く、(・・;

|

« 霞ヶ浦 | トップページ | 国道20号は長い »

コメント

続くと書きながらもう2週間近く放置されてるぞ・・・・・・・
キョロ キョロ (・_・ ) ( ・_・) キョロ キョロ

投稿: こぶた | 2005年10月24日 (月) 04時47分

だからぁ~~~、いつまで放置するの????
ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ

投稿: こぶたちゃん | 2005年11月 3日 (木) 21時50分

20号線は長い、

永遠に続くのが良いのだ(笑)

投稿: | 2005年11月 3日 (木) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国道20号:

« 霞ヶ浦 | トップページ | 国道20号は長い »